石垣島の魅力について調べてみよう!

1年中海でも山でも楽しめるパラダイス

石垣島は、東京から約2000km、沖縄本島からも約400kmの八重山諸島のひとつで日本最南端の亜熱帯都市の石垣市があり、沖縄本島よりも台湾に近い場所に位置しています。
亜熱帯の豊かな緑の多い山々や川平湾など世界屈指のサンゴ礁に囲まれ、年間の平均気温が24度で暖かく、通年マリンスポーツやエコツーリズム、トレッキングなどが楽しめるスポットが満載です。
石垣島には、離島ターミナルのある美崎町・新栄町・浜崎町エリア、サンセットエリアとしておすすめのサザンゲートブリッジがある市街地の八島町エリア、市街地から30分ほどの川平・平久保エリアがあります。
そのほかにも、石積みやフクギのある家が並ぶ昔ながらの集落大浜・宮良・白保エリア、新旧の店舗のあるレトロな街石垣・大川・新川エリア、地元客で賑わいお洒落なカフェや雑貨屋が集まるおすすめスポット登野城エリアと6つのエリアのある島です。


手つかずの自然が一番の魅力


石垣島には、ただ眺めているだけでは勿体ない手つかずの自然が満載です。
散歩はもちろん、自転車に乗ったり透き通る海で思いっきり泳いだりとさまざまなアクティビティを通し、地元の人と一緒に石垣の自然を肌で直接感じながら、スペシャルな体験ができるのも魅力です。
近隣の八重山の島々の交流だけでなく、海を隔てた台湾や中国とも交流のあった石垣島では、さまざま場所に伝統や文化のルーツを持ちミックスカルチャーも探ることができます。
旬の農作物や海産物を味わうことでもより石垣の暮らしを見ることができ、四季を楽しめます。
昼間のアクティビティだけでなく夜のカヤックやナイトウォークも楽しめ、特に、暗闇の中で満天の星空を眺められることも石垣島ならではの醍醐味です。

宮古島の旅行では、豊かな自然を満喫しながら過ごせるため、普段の生活環境から離れて貴重な体験をしたい場合に最適です。